研究を大事にしている

東北大学は宮城県仙台市青葉区片平にある国立大学で多くの学生が学んでいます。
その大学の中にある学部の1つが医学部です。
東北大学は「研究第一主義」を掲げていて、現在でも多くの研究費が使われるほど熱心に研究が行われている大学です。

東北大学には医学部があり医学科と保健学科があります。
医学科は医者を養成するための学科で、保健学科は看護師や放射線技師、検査技師を養成する学科となっています。

大学院にも医学系研究科があり、高度な専門分野の研究をすることができます。
ここで研究をして学ぶことができれば医学研究の先頭に立って貢献できる人材を育成することができます。

また奨学金制度も充実しているので、経済的に学費が払えない人でもやる気があれば大学院で学ぶことができます。
受験は試験と面接が行われますが、しっかり受験対策をすれば合格できると言われています。

医学部を卒業した多くの人が大学病院で研修医になります。
東北大学には大学病院が隣接されているので、多くの学生が大学を卒業後に研修医として第一歩を踏み出します。

東北大学医学部付属病院は最新の設備が整っているので、そこで研修を出来る強みがあります。
そこで経験を積むことができれば東北を中心として活躍することができる医者になることができます。

東北大学医学部で医療を学ぶことで、他の大学では学ぶことができない豊富な知識や技術を学ぶことができます。
これらの知識を得ることで医者として、研究者として素晴らしい人間性と倫理観が育まれます。
様々な医療現場で先頭に立ってリーダーとして活躍できる素晴らしい人材が多く巣立っています。

臨床現場で役立つ教育

東北大学医学部で医療の知識を学ぶことで、どこの現場でも通用する高い指導力や実践能力を得ることができます。
先生と学生が一体となりお互いが教育プログラムを編成して、どの学生でも分かりやすい授業を受けることが東北大学の強みとなっています。
自分で考えながら授業が進んでいくので、実際に臨床現場に立ってもしっかり考えて行動できるようになります。

これからは高度先進医療が求められることが増えていきますので、そのような場面に対応できる人材が求められています。
東北大学の医学部で学ぶことができれば質が高い医療を学んで、患者との接し方を自覚することができます。

医学部の大学院では盛んに国際交流を行っています。
海外の教育機関と連携して学生を外国の研究機関に派遣をしています。
もし海外の医学や医療を勉強したいと思っている人は国際交流支援室を利用することをお勧めします。
また外国から積極的に留学生を受け入れているので、海外の留学生と積極的に交流をすることもできます。