飯田キャンパスにある医学部

山形大学は山形市にある大学で9200人の学生が様々な学部で勉強をしています。
医学部と附属病院は山形市内の飯田キャンパスにあります。
地域に根ざし、世界を目指すがコンセプトの大学なので、医学部の学生も地域医療に貢献すること、そして世界に目を向けた医者や研究者の育成をしています。

山形大学医学部は昭和48年に設置された歴史がある医学部です。
それまでは山形県に医学部が無かったのですが、地域医療向上のために設置されました。

新設医大の部類に入りますが、今まで多くの学生が巣立っていき医科大学の教授に就任した卒業生がたくさんいるところも特筆すべき点です。
時代の流れと共に低迷時期を迎えたときもありましたが、そこで積極的に改革を行い、現在まで地域医療に貢献していますし、優秀な人材を多数輩出している東北でも名の知れた名門大学です。

山形大学医学部は将来活躍する人材を育てるためにはどのような教育をしていけば良いかをしっかり考えてカリキュラムを提供しています。
学生教育を大切にしていて、誰でも分かりやすい医療教育の充実をコンセプトに掲げています。

将来どのような医療現場でも活躍できるように大切な知識や技量、倫理観を徹底して習得させる特徴があります。
他の医科大学と違うところは、徹底的に自分自身で考えることの重要性を提示している部分です。

世界レベルの研究を行っている医学部

自分自身で考えて判断をして判断をすることができる医者になってもらうためのプログラムを提供しています。
山形大学医学部は世界レベルの研究を行っているので、留学生を受け入れたり山形大学の学生が世界の医療現場で勉強できるように留学制度も充実しています。

多くの医学部を目指す学生が都市部の大学へ進学する傾向が強まる中で、東北から優秀な医療スタッフを輩出している大学として全国に知れ渡っています。
山形大学医学部の実績は素晴らしいものがあります。
脳腫瘍に関する治療や解析は全国でもトップレベルの実績がありますし、様々な緊急患者も的確に受け入れるための体制もしっかり整っています。

がん治療にも力を入れていて、外科的な治療に限らず最新の医療機器を導入して放射線治療、化学療法、さらには緩和ケアの充実まで医療体制がしっかり整っている病院と言えます。
このような充実している医療制度の中で最新の医療を勉強できるので、毎年多くの学生が受験しているのでとても倍率が高いですから難易度が高い医学部となっています。
このように山形大学は最新の設備を使って勉強ができますし、素晴らしい教授陣や教育スタッフが医師になりたいと思っている学生を応援しています。
東北にある医学部の中でも山形大学医学部は学生のためにバックアップをする環境が整っている特徴があります。