レベルが高い

筑波大学は茨城県つくば市天王台一丁目にある大学で多くの学生が勉強をしています。
その中でもとてもレベルが高いのが医学部です。
入学をするのも大変な医学部に入学するのも大変ですが、その分入学してからはハイレベルな環境の中で医学に関する勉強をすることができるメリットがあります。
筑波大学医学部は北関東にある大学の中でもとても難易度が高い大学ですから、本当に医学や看護の勉強をしたいと思っている学生はぜひ入学したいところです。

筑波大学医学部は正式名称を医学群と言います。
医学に関する3つの学科で構成されています。
3つの学科は医学類、医療科学類、看護学類で構成されていて多くの学生が勉強に励んでいます。

医者になる人や看護師になる人、医療スタッフになる人を育成しています。
筑波大学医学部の教育方針はどのような問題に直面してもすぐに対応できるような教育をしてくれます。

自分自身で問題を解決する能力を身につけるような医師や看護師、医療スタッフを育成しています。
医学部が設置されてから一貫して医学の基礎を中心として臨床医学や社会医学を6年間の中でしっかり勉強をすることができます。
更に先進的カリキュラムによる教育も他の大学には無い強みとなっています。

キャンパスライフも楽しめる

医学部の1年から3年までは臨床直前教育を行います。
ここで医療の基礎を勉強します。
4年から6年の間で臨床教育を行います。

さらに筑波大学は基礎的な教育以外にも「社会医学実習」を行っている特徴があります。
この実習が筑波大学ならではの方法で、保健所や公衆衛生活動に触れる内容となっています。
実際に現場で勉強できる特徴があるので、他の大学では経験できないような勉強をすることができます。

筑波大学医学部に入学した学生はキャンパスライフも満喫している生徒がたくさんいます。
年間を通して様々なイベントが開催されていて充実した学生生活を送ることができます。
また課外活動に参加している学生も多く、体育会系から文科系のサークルなどに参加している学生がたくさんいます。

筑波大学医学部は学生宿舎も充実しています。
遠方から通っている人が優先的に個室を利用することができます。
設備も充実していて、机、椅子、ベッド、洗面台などがあります。

更に洗濯室やシャワー室なども充実しているので、実家を離れて筑波大学医学部に入学した人も安心して生活することができます。
また筑波大学医学部は学業が優秀な学生は授業料を免除していますし、奨学金を紹介する制度もあります。
経済的な理由で学費を払うことが困難な学生にもしっかり勉強をしてもらうためにバックアップ体制がしっかり整っています。