昭和キャンパス

群馬大学は前橋市にある大学で、群馬大学の医学部は昭和18年に設立された歴史がある医学部です。
4つあるキャンパスのうち医学部があるのが昭和キャンパスになります。

北関東エリアでも実績がある大学で、今まで多くの研究者や医者、教授を輩出してきた名門の大学です。
隣接されている医学部付属病院は特定機能病院として、多くの患者さんが通院をして病気を治療しています。
群馬大学の医学部には最先端の医療機器が揃っているので地域医療の中心として社会貢献をしている大学です。
医者の育成に定評がある大学ですが、医者以外にも看護師や助産師、保健師をはじめ、療法士や検査技師の育成にも力を入れています。

今までの実績も多岐に渡り、実績を残している医師や研究者が群馬大学を巣立っていき活躍しています。
群馬大学付属の病院では世界でも数が少ないがん治療の装置が設置されているので、最先端のがん治療に携わることができるのも、他の大学には無い群馬大学の強みです。

群馬大学では医学科と保健科があります。
医学科で重要視していることは、大学に入学をして早い段階で実際の現場に触れて、意識の改革に努め、医者になるために必要な知識、技術、心構えを学ぶために勉強をします。
先生が率先して教えるのではなく、学生自信が積極的に学ぶ姿勢を持ち、現場で体験しながら医療の知識を身につけていきます。

留学制度も充実している

大学院では専門的な医療人を養成するために様々な規模が大きいプログラムを提供しています。
本当に医療を極めたいと思っている人は、大学院まで進学してしっかり勉強をすることができます。

また群馬大学では国際交流が盛んに行われているので、世界の医療現場の最新の実情を知ることができます。
アメリカを中心としてアジアや南米などの大学と国際間交流を行っています。
世界の医療に興味がある人は留学プログラムを使って医療情勢を体験することができます。

群馬大学の医学部に通う生徒はキャンパスライフも充実しています。
医学部の生徒が中心となって行う医学祭は2年に1度行われます。
また多くの生徒が積極的に課外活動を行っています。

課外活動は体育系や文科系、サークルなど様々な団体に所属をして学業以外にも活躍の場を広げています。
医学部の生徒のために学生寮も完備しています。

全室個室で快適な寮生活を送ることができますので、実家を離れて大学で勉強をする学生に利用してもらいたい学生寮となっています。
このように群馬大学では学生が勉強しやすいように様々なサポート体制がしっかり整っているので、どのような環境であっても勉強したいという気持ちがある学生をしっかりサポートしてくれます。
様々な環境が影響して医学部の進学を諦めてしまいそうな場合でも、群馬大学ならバックアップ体制がしっかり整っています。