歴史がある

千葉大学の医学部は1874年に設立された歴史がある大学です。
今まで素晴らしい医師や研究者を多数輩出している関東の名門大学となっています。

現在では医学部附属病院の新病棟が竣工したこともあって、関東でも有数の医療環境が整った医学部と言えます。
千葉大学の医学部は全ての人類の健康と福祉に貢献する人材を育成することを目的として設立された医学部です。
ここで医療についてしっかり学び次世代の有能な医療人を目指しましょう。

千葉大学の医学部に入部すると医学的な基礎知識から応用力の大切さ、適切な医療を実践するためにどのように自分の能力を向上させるかを考える勉強をすることができます。
そして千葉大学医学部は「自由・自立の精神」の教育方針を掲げていて医師としての自己評価をしっかり行い、常に医師として向上心を持つ続けることを大切にしています。
大学の独自の教育プログラムに定評があります。

一般的な医学部にありがちな基礎系の勉強、臨床系の勉強という枠組みを撤廃して、医学部だけでなく、大学院と附属病院がしっかり連携をする教育プログラムを提供しています。
普通の医学部は医学や医療に関する知識や技能を修得して卒業をしますが、千葉大学医学部では大学内だけでなく、年齢・専門分野・学校・国の枠を超えた教育プログラムを提供しています。
千葉大学の医学部で勉強することで次世代の医学や医療を勉強することができます。
次の世代が医療の現場で活躍できるように基礎的な分野に限らず、早い段階から専門分野の研究もすることができます。

留学制度も充実しています

千葉大学医学部は留学にも力を入れていて、イリノイ大学シカゴ校医学部と交換留学を行っています。
多くの学生がアメリカに行って現地の医療現場を肌で感じて、最先端の臨床実習を行うことができます。

お互いの大学がしっかり学生交流協定を締結しているので、長い間質の高い交換留学を行っています。
千葉大学医学部ではイリノイ大学シカゴ校医学部以外にもイギリスの医学部へ臨床実習のために短期留学をすることもできます。
留学を希望する人は毎年選考されているので、誰でも留学をするチャンスがあります。
イギリスの医療現場も最先端の医療を提供しているので、日本の医療とは違った角度から海外の医療現場で勉強をすることができます。

このように千葉大学は最先端の医療を学ぶことができますし、他大学や医療施設を利用して勉強をすることもできます。
新しい技術を身に付けやすい環境が整っていますし、留学制度も充実しているので、海外の医療を学びたいと思っている学生にもオススメの大学となっています。
最先端の医療に触れることができるので、多くの優秀な人材を送り続けることができています。