設備が整っている

山梨大学医学部は県民だけでなく国民から信頼される医療者を育成を目指す教育をしています。
目の前の患者さんをしっかり治療することは当然ですが、将来の医療の礎を築く研究者や教育者の育成にも力を入れています。
山梨大学は医学生のための設備も整っていて臨床研修センターや地域医療の講座が開設されていますので、これらの施設で医療の勉強をすることができる環境が整っています。
研究医を希望する学生にも専用の特進コースがあります。

山梨大学医学部では研究医が早期の学位取得を目指すために山梨大学の付属病院では高度医療の導入や開発にも積極的に取り入れています。
地方の大学という見方をする人もいますが、山梨大学医学部は最新設備が整っている附属病院が併設されていて、ここで最先端の医療を学ぶことができるメリットがあります。

大学の周りは自然に囲まれた素晴らしい環境で勉強しやすいです。
このような環境の中で6年間しっかりと医療に関する勉強をすることができます。
県民に限らず国民に信頼させる医者の育成に定評がある大学です。

山梨大学医学部では教育のための研究組織が充実していて、医学を中心とした教育プログラムがとても充実している特徴があります。
専門的分野や学術的分野で学生のうちから高度な研究に立ち会うことができるメリットがあります。
日本に限らず世界の第一線で活躍できる人材を育てるために指導をしています。
また臨床教育にも力を入れていて、卒業後にすぐ現場で活躍できる人材育成のために臨床教育センターを設立して、他の大学では出来ない研修の機会を与えている強みがあります。

いかなる理由でも受け入れる準備が出来ています

医学部で勉強をしたいと思っても経済的な理由があって入学できない生徒のために、山梨大学医学部では専用の奨学金制度や授業料免除の制度が整っている特徴があります。
どうしても授業料の支払いが難しい場合は条件をクリアしていれば授業料が免除されます。

また日本学生支援機構などが提供してくれる奨学金も利用することができます。
山梨県が提供している修学資金制度を利用することもできます。
経済的な理由で困難だと思っても決して諦めることはありません。
サポート体制がしっかり整っているので、いかなる理由があっても医学の勉強をすることができる可能性がある大学なのです。

山梨大学医学部で勉強に励んでいる学生はキャンパスライフも楽しんでいます。
医学部キャンパスでは体育会系33、文化系17の合計50サークルが活動していますので、自分が興味があるサークルで汗を流して仲間と一生の思い出を作ることができます。
勉強だけでなく、大学生として6年間を充実させたいと思っている学生がサークル活動を積極的に行っています。