素晴らしい医者を輩出している

金沢大学医学部は平成20年に医学部医学科が改組されて現在に至ります。
地域の医療を支えるために多くの優秀な医師が金沢大学を卒業しています。

臨床医や研究医、専門家の育成に長けていて様々な分野で活躍する人材を多数輩出している名門大学です。
金沢大学では学生のうちから積極的に様々な研究活動に没頭できる環境が整っています。
積極的に研究にも参加することができるので、他の大学よりも研究の重要性を学ぶことができます。

他大学と違い1年生の段階から研究に参加することができるのが金沢大学の強みとなっています。
この大学の特徴として医学を学ぶだけでなく、その他にも深い教養を身につけることが出来ます。
21世紀の医療の発展に欠かすことができない優秀な人材を育成している大学です。

各学年の授業内容

入学したばかりの1年生の学習内容は共通教育科目を全員で学びます。
ここでは医学部以外の学生と一緒になって人間として重要なことを養うために、多彩な科目や授業形態が設けられています。
大学生として必要とされる基礎的な知識技術をしっかり身につけます。
医学部の学生にとっても重要な基礎を学ぶことで、いつの時代でもその都度しっかり変化に対応できる知識と思考方法を習得することができます。

医学部学生が2年生になると他の学部とは異なったキャンパスで、本格的に医学の勉強に移っていきます。
まず基礎医学から勉強をし始めて、ここで専門科目を勉強します。
この段階から解剖学や生理学、衛生学や法医学に関する勉強を3年生にかけて習得していきます。

次に4年生の段階で本格的に臨床医学の講義が始まります。
この後2年間は臨床研修がありますので、そこで実力を発揮することができるように臨床の基礎をここで学びます。

5年生になると本格的に臨床実習が行われていきます。
そして6年生になると自分が実習したい診療科目を自由に選んでより内容が濃い臨床実習を行っていきます。
最終的には臨床試験に合格して国家試験対策をしながら6年間の学生生活が終了する流れとなっています。
それぞれの学年で高度な医療現場を目の当たりにしながら勉強できるメリットがあります。

サポート体制の充実

このように金沢大学医学部の学生はとても忙しい生活を送ることになりますが、その中でも空いている時間を使って課外活動やボランティア活動を積極的に行っている学生が多い特徴があります。
金沢大学が地域密着型の大学を目指しているので、多くの学生が地域活動に貢献しています。
地域のための汗を流す学生が多い特徴があります。

また経済的な事情があって入学が難しい学生の受け入れも積極的に行っています。
学業成績が優秀であれば奨学金の制度を提供してくれますし、入学料金や授業料の免除を受けることが出来ます。