素晴らしい人材を育成する

大阪大学は吹田市にある大学で、1838年に設立された大学です。
また、大阪大学の医学部は世界に目を向けて医療の教育をしている大学で、吹田キャンパスに医学部の校舎があります。

関西でも実績がある医学部で、多くの素晴らしい医者や研究者を輩出している大学です。
世界の医療人になってほしいという思いで人材を育成しています。
大阪大学医学部に入部することで日本国内に限らず世界の医学や医療の発展に貢献できる医師や研究者になることができる特徴があります。
医療に携わる人間は瞬時の的確な判断が求められますが、物事の本質を見極めて適切な判断を下せるようになる教育をします。

ただ判断できる人材を育成するだけでなく、型にハマらないで自由な発想をすることができて己の想像力を自分の表現方法で相手に伝えることができる人材を育成しています。
大阪大学ではマニュアル通りの授業ではなく自分の考えを重視して自らの信念を貫くことを求められます。
そこを突き詰めていけば本当に地域医療に貢献できる医師になることができる教育プログラムを提供しています。

大阪大学医学部では大学が抱えている「地域に生きて世界に伸びる」というスローガンを忠実に実践するために、地域医療の大切さを教えてくれます。
今までの常識を大切にしつつ、未来の先端医療をリードする授業や研究を積極的に受けることができる強みがあります。

未来に活躍できる人材を育てる

大阪大学医学部では21世紀に活躍できる人材を育成することに力を入れているので、最先端の医療機器を使いながら医療の勉強をすることができるメリットがあります。
高度な倫理観を元に日本に限らず世界の医学と医療の分野でリードできる人材の育成に取り組んでいます。

また大阪大学には附属病院があります。
地域医療を提供するために大阪の中核病院として質の高い医療を提供しているので、医学部の多くの学生が附属病院で病院のコンセプトでもある「優しい医療・適える医療」を実践することができます。
大阪大学で勉強した医療の知識をそのまま附属病院で想い存分活かすことができます。

大阪大学は附属病院と連携をして、先進医療の実施したり、新しい医療の開発や医療人の育成に貢献していますので、大阪大学医学部に入部することで勉強をする環境が整っているメリットがあります。
学生は勉学だけでなく医学部が公認されている22の学生団体で活動をしています。

文化系のサークルは7サークル、体育会系のサークルが15サークルあります。
これらのサークルに入って楽しい学生生活を満喫している人が多いです。
大阪大学医学部の学生の多くが、時間を有効に利用して勉強以外にもサークル活動やアルバイトなどをして、医学部生活を楽しんでいます。