自然豊かな環境の中で勉強しています

山口県宇部市にある山口大学医学部は自然豊かな地域に学校があり温暖な気候に恵まれている過ごしやすい環境が整っている大学です。
大学の敷地も全体で30ヘクタールもありますので、とても規模が大きい恵まれた環境の中で学生が伸び伸びと勉強をしています。

現在では600人近い医学生が立派な医療人になるために勉強に取り組んでいます。
山口大学医学部の歴史はとても古く70年近い歴史があります。

大学の基本理念、教育目標、研究目標に則って医学部も立派な医者や研究者になるために頑張って勉強をしています。
この伝統を今でも引き継いで医学に関する知識を得ることができます。

山口大学医学部では学生の段階から臨床医学や基礎研究の勉強をすることができる強みがあります。
これらの最先端医療に触れる機会が多いのも他の大学には無い山口大学ならではの特徴となっています。
医療の分野は多岐に渡りますが、どの分野でもしっかり活躍できるように大学側が全力でサポートしてくれる特徴もあります。

各学年の教育プログラム

山口大学医学部での各学年のスケジュールは以下のようになります。

1年生、他の学部の学生と一緒に共通教育プログラムを勉強します。
2年生、本格的に医学や医療の勉強に入っていきます。
3年生、自分で企画・立案した論文をまとめます。

そして4年生になると臨床医として大切な知識を身につけます。
最期に5年生と6年生の2年間で様々な医療機関と連携しながら実際の医療現場で実習をしていきます。
このような取り組みは山口大学独自のもので、他の大学の医学部と比べてもとても先進的で、授業内容が充実していることが高く評価されています。

充実している学生生活

山口大学医学部では日本国内に留まらず海外の医療分野にも目を向けているので、医学部に所属している学生の留学制度も充実しています。
欧米やアジア地域の最先端の研究室での研究留学はとても定評があり、長期留学を通じて世界の素晴らしい医療現場、研究現場を肌で感じることができます。
また医学部の学生の実習にも力を入れていて、附属病院以外にも他の病院や離島にある病院や診療所での実習も行われてるので、そのような実習を通じて地域医療の大切さを勉強することができる大学です。

山口大学医学部では学生が充実した生活を送ることができるように全力でサポートをしてくれます。
手厚い学生サポートには定評があり、奨学金制度や授業料が免除になる制度もありますので、経済的に医学部に入学するのが困難な場合でも手を差し伸べてくれます。

また多くの学生がクラブ活動をしていて学業以外にもやりがいを感じて全力でクラブ活動に励んでいます。
公認部活動は体育系、文化系に分かれていて、さらにサークルや同好会もあります。
このように山口大学医学部の学生は勉強の他にもサークルなどを通じて学生生活を満喫しています。