交流の場があり楽しめる機会が多い

浜松医科大学では医療に基づく歴史をするだけではなく、様々な課外活動を取り入れて人間としての成長も具体的にサポートしています。
課外活動も一つ2つではなく、非常にたくさんのものがありますので、そういった活動を通じながら学生の1人1人が自主的そして自律的に様々なことを考え、感じられるように活動内容のカリキュラムなどが組まれています。

分科会や体育会が行われていることはもちろんですが、この他にも1976年から学校祭が行われています。
通っている生徒はもちろんのこと、その他にも教職員や学生の親睦会として行われており、このほかにも市民の方々が参加してより深い交流の場面を提供するということにも力を入れています。
さらには様々な医科大学との交流も行っており、美術や演劇などを楽しむというイベントも行われています。
浜松医科大学には様々な屋内施設そして屋内施設があり、十分なスポーツを楽しむことも可能になっています。

浜松医科大学の施設について

浜松医科大学には屋内施設として体育館や武道館、弓道場などがあります。
それぞれ非常に広い敷地となっていますので思う存分に身体を動かしながらスポーツを楽しむことができます。
バレーボールやバレーボール、バスケットボール、バドミントン、卓球、ハンドボールを目的として使用することが可能です。
さらには、合気道や柔道、空手、弓道も軽減することができます。

屋外施設についてはテニスコートで軟式と硬式のどちらも経験することができ、野球なども同じく軟式硬式、ソフトボールまでを行うことが可能になっています。
サッカーグランドやラグビーグランド、さらに水泳プールもあり、ヨットやボートを経験するための艇庫まで準備されています。

優れた臨床医を生み出す理念

浜松医科大学の理念は優れた臨床医と独創力に富む研究者を養成すること並びに独創的研究や医療技術の開発を推進するということになっています。
医療を欲している多くの方々の福祉に貢献するということを示しており、こういった理念に基づいて具体的なカリキュラムなども含まれています。
オープンキャンパスも毎年非常に人気があり、多くの方々が参加していますすが、細かな説明やカリキュラムについての説明、そのほか模擬講義を受けることも可能になっています。

また、在学生をはじめ卒業生からのメッセージや体験談を聞くこともできます。
最後に、質疑応答をすることも可能ですので直接的に分からないことを、この場で解決することもできるでしょう。
医学部だけでなく看護科や助産師養成コースでもオープンキャンパスを行っていますので、こちらに興味のある方も参加することができます。