兵庫医科大学は1972年設立

兵庫医科大学は兵庫県内で雄一医学部を持つ私学私立大学となっています。
社会福祉への奉仕をはじめとして、人間への深い愛や人間への幅広い科学的理解などを精神とした学校となっており、自学学習に基づくクループ医療などを行うためのカリキュラムが組まれています。
なぜ医師になるのかということへの動機そのものをしっかりと明確にするため、多くのカリキュラムを考えており、1年から2年次までに早期臨床体験実習を行っています。

医師になるためには、漠然とした目標などではなく、具体的な目標を持つことが非常に重要だとされ、こういった部分に強く意識を持ちながらカリキュラムカリキュラムを組んでいるといった特徴があります。
また、6年間を通じて解剖学や生理学、病理学、治療などを一貫して学習するといった体制になっており、様々な付属機関によって多くの臨床体験をすることが可能になっています。
先端医学研究所や兵庫医科大学病院ささやま医療センターリハビリテーションセンターなどがあり、この他にも介護支援事業所などを通じて多くの方々とのふれあいを体感しながら医師を目指し、学生さんたちが頑張れるような環境となっています。

キャンパスが2つある

兵庫医科大学には2つのキャンパスがあります。
一つ目は西宮キャンパスとなっており、2つ目は篠山キャンパスです。
非常に美しい景観が広がるロケーションにあるある学校で学生生活を送っていくためには心の穏やかな日々を過ごすことができるでしょう。

施設や設備なども学生一人一人が快適に過ごせるように工夫されており、学生と教員との距離も近い学校です。
体育会系のサークルは合気道、アメリカンフットボール、剣道、ゴルフ、ヨット、陸上競技、ラグビーなど非常に様々なものがあり、この他にもワンダーフォーゲルなどが人気です。
文科系については、写真部、美術部、軽音楽部ダンス部医学研究会などがあり、ボランティア部も設置されています。
学生生活についてもしっかりとした危機管理などを学生自身が持つことができるように教育を行っており、自学自習の習慣を身につけるという意味でも様々な設備が整っています。

多くのサポート体制が整っていて安心

兵庫医科大学では非常に様々なサポート体制が整っています。
指導教員制度や福利厚生施設、学生相談室学生保健室などのサポート体制が整っており、なかでも学生にとって安心できるのはアドバイザーシステムとなっています。
指導教員制度になりますが、医学部に入ってから今後の道に対して迷いを持ってしまった学生さんなどに対し、具体的なアドバイスやカウンセリングをするためのシステムです。

また、学年担任が1年から4年次までには配置されていますので、学年担任にアドバイスすを求めることも可能です。
福利厚生施設も充実しているほか、学生相談室においては学問におけることだけではなくその他についても様々な相談をすることが可能です。