関西医科大学は女子高等医学専門学校

関西医科大学は、自由、自立、自学の理念の元、探究心、さらに幅広い教養と国際的視野を持ち、豊かな人間性を持った医師を育成することを理念として教育活動を行っています。
教育においては医学部のみの扱いとなっており、ハイテクリサーチセンターや学術フロンティア推進事業なども行っています。
また他の大学との学術協力協定も結んでおり、立命館大学や大阪工業大学などとの協力によって様々な学習を行っていきます。

基本的にはチュートリアル教育を採用しているため、学生が自ら積極的に問題を解決していくという教育方針になっています。
教養試験に臨んで合格した後は参加型の立証自習になり、このような臨床実習を経て最終的には国家試験を目指していくことになるでしょう。
また、臨床実習に関しては国内で大阪医科大学病院や近畿大学医学部附属病院、兵庫医科大学病院等との相互選択を行っており、国外ではドイツやマレーシアの病院でも、実習を行うことができます。

部活動を行うためにシャトルバスが利用できる

関西医科大学がさまざまな部活動にも力を入れており、テニスコートをはじめとしてクラブハウスや各種ブランド体育館などがあります。
キャンパスが2つありますが、学校が終わった後の放課後には、このようなキャンパスを行き来するためのシャトルバスを利用することができます。
そのための活動を楽しむためにシャトルバスを利用して双方を移動しながら充実した放課後送ることができるのも嬉しいです。
心療内科をはじめとして、新生児特定集中治療室なども設置されており、このような相互援助システムを活用していきながら、様々な実習を積んでいくことができます。

カリキュラムも具体性を持ち、充実している

関西医科大学ではカリキュラムも学年ごとに充実したものが設定されています。
1学年では栗鼠ゲ科目をはじめとして、コミュニケーション技法などを取り入れていきます2学年3学年では医学の基礎になってくるための知識を学ぶと同時に、生理学や生物学解剖学などを学んでいくことになります。
また3学年の2学期3学期、そして4学年になると臨床医学講義が始まりボランティア精神を養うことや様々なコンピュータ試験などを持ちながらチュートリアル教育が1ヶ月間行われます。

5学年6学年はクリニカルクラークシップが始まり具体的な自習を始めとして、その他にも国家試験に向けてより具体的な知識を身につけていくことになります。
前述の通り、国内だけではなく海外の実習にも参加しながら多くの実力を身につけ、医療面だけでなく人間的にもしっかりと自分自身を磨くことができるようになっていることがわかるでしょう。