日本トップクラスの医師を育成する国立大学

京都大学は、東京大学に次ぐ日本トップクラスの国立大学です。
医学部のみの偏差値でも全国第2位となっており、非常に難易度の高い大学であると言えるでしょう。

当然入学してから受けることができる講義や研修の内容も他大学以上にハイレベルのものとなっており、卒業生の多くは医療の第一線で活躍をする優秀な臨床医として勤務をしています。

京都大学医学部が人材育成の方針として掲げているのは、単に既存の知識を応用して治療にあたる医師ではなく、病気など医学事象の背後となっているものまでを考えて見抜き、新たな知を創出するということです。

その為教育内容においては広く社会と人間行動を理解し、実際に病気で苦しむ人の感情を洞察し高い倫理観を持って行動できるように多面的なカリキュラムが組まれています。

具体的な医学科の教育内容

京都大学医学部においては、1~2年次には全学共通科目である教養科目を主体に履修を行います。
それらの教養科目と平行して、生命科学に関する基礎的な教材をもとに少人数で教員を交えたディスカッションを行います。

さらに人体の理解の基本である解剖学について学ぶ基礎医学の履修を行っていきます。
基礎医学はその後3年次に入ると本格的に行われることとなり、生命科学に踏み込んだ内容の深い授業を受けることができます。

講義とは別に多くの学生は研究室に所属し、そこで実際の研究に携わることになります。
京都大学に医学部附属病院もあり、全国から非常に難しい臨床例の患者さんが訪れているため、そうした現場に立脚した研究・研修をしていきます。

京都大学医学部独自の臨床医学教育として、医学教育推進センターを設置しそこで実践的な教育を行うべく学生を受け入れています。

京大附属病院は地域医療の基幹病院としての役割もしており、近隣の医療機関と連携をしながら医療の効率をあげていくという地域医療ネットワークも体験することができます。

学外での実習病院では第一線で治療にあたっている医師が臨床教授として協力をしており、在学中より非常にレベルの高い医療を体験できるということでは日本でも有数の大学といえるでしょう。

京都大学医学部への入学方法

京都大学医学部は、京都市左京区吉田近衛町におり、医学部医学科100名程度と、大学院の医学研究科で医学専攻および医科学専攻を毎年募集しています。

大学医学科への入学はセンター試験5教科7科目、個別試験においては国語・数学・理科・外国語の4科目に面接を加えて選考されます。

センター試験で求められる点数基準も非常に高いものなのですが、それ以上に個別試験の難しさでも京大医学部はよく知られており、筆記試験で高い数値をとった人であっても面接で落とされることがあります。