費用に関する問題

医学部再受験にチャレンジしようと考えている方もいるかと思いますが、
再受験のためには様々な問題を解決する必要があります。
その一つがやはり費用の問題ではないでしょうか。

医学部再受験に掛かる費用にも色々とありますが、まずは受験料が挙げられます。
この受験料は大学によって費用が変わってきますし、国公立なのか私立なのかにもよって
大きく変わってきます。

国公立の場合、大体1万7千円前後であることが一般的ですが、
前後期受けるとそこそこの額になってしまいますから、計画的に受験を考えましょう。
また、私立の場合だと一回の受験で大体3万円近くの費用が消えてしまうことがあるので、
私立を受けようと考えている方はよく考えてから行動するようにしなくてはなりません。

PAK75_toreinookane20140305500

医学部再受験の費用に関しては経験者の意見が貴重ですから、
こちらを参考にすると良いかもしれません。
>>医師免許の値段|続・ぶにー系日記

受験そのものにかかる費用以外には、予備校費などがあります。
予備校によってどの程度の費用が掛かるかは変わってきますが、
一般的には50~80万円前後のお金が一年で掛かると言われて
います。

予備校はどうしても通わなくてはいけない、というものでもありませんが、
やはり効率よく勉強することができるので、独学に比べると早く夢を叶えることが
できるかもしれません。

ただ、独学なら参考書や教材費のみで事足りるのに比べ、
予備校は多額の費用が掛かってしまうのはデメリットと言えるのではないでしょうか。

交通費と宿泊費

受験の際には移動することも多くなるため、交通費や宿泊費も必要となります。
医学部再受験を考えた場合、模試やセンター試験、二次試験など、何かと移動しなくては
いけないことが多いです。

こうした移動では、どのような手段をとるかにもよりますが、
塵も積もればということになり、気が付けば交通費が沢山掛かってしまった、
ということもあります。

近場に住んでいるような方なら、敢えて交通機関などは使用せず、
徒歩や自転車でアクセスするというのも良いかもしれません。

宿泊費が必要となるケースもありますが、こうしたケースでは
できるだけ安く泊まれるビジネスホテルやカプセルホテルなどを探せば
宿泊費も浮かせることができるでしょう。

安い宿泊施設などはインターネットで調べるとすぐに探すことが
できますから、少しでも余計な費用を浮かしたいという方は調べてみると良いでしょう。

このほかにも、医学部再受験にはセンター試験費や参考書代など、様々なお金が掛かってきます。
少しでも削れるところは削り、その分を参考書代などに回せばより効率よく勉強することが
できるでしょう。

もっと知りたい方はこちら

再受験にかかる学費

▼予備校の学費比較 (作成中)

▼学費の捻出方法 (作成中)

▼予備校に行かずに成功するには (作成中)