友人たちと思い出を作る

大学生時代に楽しい思い出を沢山作ったという方も多いと思いますが、
それは医学部でも同様でしょう。

やはり、一つの時代に友人達と作ってきた思い出はいつまでたっても
色あせないものですし、そうした思い出は大切にしたいものです。

大学時代の思い出は様々だと思いますが、やはり一番はキャンパスライフではないでしょうか。
これも、一般学部と医学部でもそんなに大差はありません。

医学部再受験にチャレンジし、これから医学部生として勉強していくことになった方が
最も気になるのは医学部生としてのキャンパスライフかもしれません。

どのようなキャンパスライフを送るも個人の自由ですが、
ある程度医学部生のキャンパスライフについて知っておいた方が良いことなども
ありますから、ここでご紹介したいと思います。

SUN71_kaigainodaigaku1031500-thumb-750x500-3917

やはり大学生ともなると、
合コンなどの誘いは必然的に増えてくるでしょう。

これは医学部再受験で合格することに成功した
社会人経験者でも同様のことが言えるのではないでしょうか。
しかし、やはり学生の本分は勉強です。

特に、医師という誰もが就くことのできない神聖なる職業に
就こうとしているのですから、頻繁に合コンや飲み会を繰り返す
というのはどうかと思います。

もちろん、キャンパスライフには楽しみも必要ですから、全てを否定するわけではありませんが、
学生の本分は勉強であり、医師を目指すのであれば尚更だということを覚えておきましょう。

医学部生の大学生活

医学部生のキャンパスライフについては経験者の意見も貴重です。
こちらの方のような意見もありますから参考にしてみてください。
>>医学部生のキャンパスライフ|Yahoo!知恵袋

若い大学生ほどありがちで、よくニュースなどにもなることが多いのですが、
飲み会で羽目を外し過ぎて急性アルコール中毒で病院に運ばれてしまった、ということもあります。
医師を目指す身でこのようなことになってしまうのは甚だ問題です。

お酒の席は楽しいので気持ちは理解できますが、
急性アルコール中毒は危険な状態になることもありますから、
飲み会の時は羽目を外し過ぎないようにしましょう。

また、これも若い方に多いのですが、高い医学書を購入したいからと
親に嘘をついてお金をもらい、そのまま遊びに使ってしまうという方もいます。
ただでさえ親は仕送りで大変なことが多いですから、親に余計な負担を
かけるのもどうかと思います。

遊びたい気持ちも理解できますが、遊ぶお金くらいは
せめてアルバイトなりして稼ぐようにした方が良いのではないでしょうか。
また、折角医学部に入ることができたのですから、しっかりと勉強する
というのが最も重要です。