医師免許を取得する

医師というのは、
国家資格である医師免許を取得した人だけが携わることのできる職業です。
教師と同じように、かつては聖職とまで言われた職業で、
現在でも医師になることを夢見て日々精進している方は大勢います。

医師になるためにはある程度の道筋が必要となるのは多くの方がご存じではないでしょうか。
高校を卒業後大学の医学部に入学するというのがまず当初の目標となります。
つまり、この大学医学部に入るということが第一の難関なのです。

a0001_013728

このサイトは医学部再受験を目指す方達に
情報を提供するためのサイトなのですが、
まず、医学部再受験について簡単にご説明したいと思います。

医学部再受験とは、社会人として働きだしたり、
または既に別の学部に入ったものの、やはり医療の世界に
携わりたい、医師として活躍したいと考えた方が
再び医学部医学科をめざし受験勉強をはじめ、
再受験を受けようとすることです。

現在では、この医学部再受験にチャレンジしようとしている方が増えているとも言われています。
理由は人によって様々なことが挙げられますが、一つにはかつて医学部医学科を目指したものの、
合格することができなかった、という方がやはり夢を諦めきれず再受験を思い立ったというケースです。

医師になろうとするのは並大抵の努力ではなく、
医学部受験で一度失敗してしまった方はそのまま諦めてしまう方もいます。
しかし、やはり医師というのは安定した収入と地位が期待できる仕事として知られていますから、
もう一度頑張ってみよう、と考える方が増えているのです。

ただし、現在では医学部人気も高まり、それによって受験生が増加し、
試験の難易度も上がっていると言われています。こうした状況下で合格を勝ち取る
というのは非常に難しいことと言わざるを得ないかもしれません。

事実、一度医師の道を諦めたものの、再受験にチャレンジしようと決心したが
やはり無理だった、と途中で挫折してしまう方も大勢います。
しかし、諦めてしまっては本当にそこで終わりになってしまいます。

簡単になれる職業ではない

医師というのはこの世で唯一人の怪我や病気を治療することができる崇高な職業です。
誰でもなろうと思って簡単になれるような職業ではありません。
難易度が高くなかなか医学部に合格しないなんていうのは正直当然のことなのです。

もしあなたが今から医学部再受験を考えているのであれば、
まずはこの点をしっかり理解する必要があります。誰もが簡単になれる職業ではなく、
本当に努力したものだけが報われると考えてください。

その努力も通常の努力では間に合いません。
ただでさえ社会人や他学部からの受験というのは不利なのですから、
人が三倍努力すれば自分は五倍、六倍の努力をすると考えなくてはなりません。

もっと知りたい方はこちら

再受験の難しさ

医学部入試の動向

▼再受験のメリット・デメリット (作成中)

▼調査書発行の注意 (作成中)

▼国公立と私立、どちらがいいの? (作成中)

▼学士編入制度とは (作成中)

▼勉強方法について (作成中)