国公立と私立

医学部再受験をするにあたり、国公立と私立どちらが良いのか、と考える方は多いのではないでしょうか。
また、インターネットなどで情報を探してみても、実に様々な意見が行き交っています。
これでは、どちらが本当に良いのかを知ることはなかなか難しいと言えるでしょう。

人によっては、「絶対に国公立を選ぶべき」という方もいますし、「私立に行った方が良い」という方もいます。
これは人によって考え方や捉え方が異なりますし、また何より何を持ってして「どちらが良い」とするかによっても異なります。

つまり、漠然と「国公立と私立どちらが良いか」と言っても、学費面の話をしているのか、それとも合格率のことを言っているのか分からないのです。

学費面で見た場合の比較

一般的に、合格し易いのは私立と言われていますが、学費が高いのも私立です。
私立の医学部の場合、六年間での総額納入金は約3,200万円となっています。
これに比べて国公立の医学部では、他の一般学部と学費が変わらないことが多く、六年間でも400万円程度しか掛からないこともあります。

さすがにここまで差があると少し考えものかもしれません。
学費のことだけを考えるのであれば国公立ですが、国公立は試験の難易度が恐ろしく高いことも知られています。

私立医学部は安くても2,000万円前後、高いところでは約5,000万円近くの学費が必要となるところもあります。
これを一般家庭で支払うのは少々難しいですが、奨学金制度を利用することで支援を受けることはできます。

私立医学部の場合ですが、学費が安いほど偏差値が高い傾向にあります。
逆に、学費が高いところほど偏差値は低くなります。
つまり、裕福でお金さえあれば私立医学部の偏差値の低いところを狙って再受験をする、ということも可能ですが、偏差値が低いとはいえ医学部ですから、それなりの難易度はあります。

私立医学部と国公立医学部、どちらが良いのかということは一概に断言することはできません。
ここまで学費の話や偏差値の話を進めてきましたが、大事なのは自分に合ったほうを選ぶということではないでしょうか。

また、医学部に進む、受験を受けるというのは自分だけの問題ではありません。
どうしても家族の協力は必要となってきますから、家族との相談も絶対的に必要となってきます。
実家の経済状況や自身の経済状況などを踏まえ、また偏差値などについても充分吟味したうえで選択するということが最も重要なのではないでしょうか。

医師になるというのは茨の道ですが、それは本人だけでなく、家族も同じです。
経済的に裕福な家庭なら良いですが、そうでない場合は家族に負担をかけて通うことになるのですから、そうしたことまで考えなくてはなりません。